スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧シリーズ・現代兵器から考察するACⅤ機のパッケージング

大変長らくお待たせいたしました。
ACⅤの考察を行っていきます。
5/30:後半を追記に回しました

当ブログの更新が滞っている間にも、スクリーンショット・設定画・ゲームシステム等、ACⅤの情報は順調に増えてきましたな。更新が遅れたからにはそのあたりの情報も使っていきたいと思います。
弾倉が付いてない件
大きいの
パイロット無し  ←クリックで見れます

ACⅤはミリタリー色の強いイメージがあり、実際に機体のダウンサイジングが図られているため、現代兵器を参考に、また比較しての考察が行いやすくなりましたな。
個人的には各部ディティールとあいまって、MRAPを連想させるデザインだと思っとります。戦闘も市街地がメインなのでゲリコマ兵器感が強まった印象。追加装備もありますし。
そこで当記事では、従来のACとの比較を行いつつ、現代兵器と比較して新ACのパッケージングを考察していく形でやっていこうと思います。


↓まずは機体のダウンサイジングについてですが、周知の通りACⅤでは今までのACの全高10~12mから、5m級へと大幅な変更を施されましたな。
ちっちゃいのがお好き?結構、ACのニューモデルです。余裕のパワーだ、ジェネレータが違いますよ!
5mといえば従来のACの半分の全高ですが、このサイズはゲーム内で地形を利用しやすく、かつある程度のスピードを確保するには丁度良いサイズという事なのか、昨今のトレンドとなりつつある印象があります(ボーダーブレイク内の機体・ブラストランナーも5m)。
また、リアルメカとしても説得力とケレン味を混ぜるには丁度良いサイズでもあると思います。
ただ、従来型ACのサイズをそのまま小さくして5mに持って行ったかというと明らかに違いますな。
Ⅴ系機体は「旧シリーズの延長線」というより完全新規のデザインという印象を受けるでしょう。

では従来ACと比較していかに姿が変わったか。
武装を抜きにして考えると、体型・姿勢が変化し、相対的に全長・全幅が大きくなり、左右の脚の間の距離(トレッド)が増えとります。またスクリーンショットでは、かがんだ体制が多く見られます。
つまり低重心・安定方向に変わった
デザインになりました。
もっと言うと「サイズを小さくした」という他に「全高を低くした」とも言えるプロポーションです。

ところで、ACⅤ機の全高はどの姿勢を基準としとるのでしょうか。
かがんだ状態が本来の姿勢だと考えると、サイズはもう少し大きくなりそうです。
一番気に入ってるのは・・・ゲームシステムだ

従来より安定感のあるデザインする事によって、兵器としての説得力を得た姿に変わったといった所でしょうか。
まあオーバードウェポンを搭載するとだいぶ安定しない形になありまするが(つまりどう考えても後ろに転倒するということ、スミry)。

後半へ続きます。「続きを読む」からどーぞ。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

砂漠の狸

Author:砂漠の狸
リアルメカに浪漫を感じるナチスの策士。
・・とか言いつつナチ党には所属していないロンメル将軍やガラント中将のお友達(と本人は勝手に思い込んでいる)。

「人型兵器」をはじめとした架空の機械の構造、有効性を構想・考察・探求し続ける男で、変態技術者フェルディナント・ポルシェ博士の部下だったとか、トリープ・フリューゲルのテストパイロットを担当したとか、英に潜入してパンジャンドラムの設計に関わったとか、様々な都市伝説を持つが、その真相は定かでは無い(え?トリープとか何言っとるのかわからんだって?ググッてみよう!!)。

また昨今はひた隠しにしていた自動車への趣味も露呈している。ビアルベーロの意味が解るくらいの車好きならたぶん話が合う。

趣味はメカニックデザイン。オリメカを投稿しつつ当ブログにて解説していく予定。
今は現代社会の軍事思想をテーマにした同人マンガを作る際にメカ設定を利用しようと計画中。
良くプレイするゲイムはアーマードコア。ボーダーブレイクもちょくちょくやっている。

ちなみにサムネは全然関係ない人である。

軍事ネタ好きな方、珍兵器好きな方、メカ好きな方、とにかく当ブログに興味を持った皆さん、宜しくお願いします。

連絡先はコチラ(どこを直せばいいかは・・・判るな?)
giulia-superアハトマークm8.gyao.ne.jp




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。